日本で大人気のiphone|アプリ開発する上で踏まえておくこと

開発にかかる費用の違い

スマホ

初登場以降、独特なプラットフォームの名前をつけてきたandroidは、新しいバージョンができる度に名前を募集し続けています。初期のOSからずっとお菓子の名前を使い続けてきたandroidは、最新のOSでは現在「N」のアルファベットまでお菓子の名前がつけられています。また、次のOSが開発されると今度は「O」のワードに関連するお菓子の名前を募集するので、興味があればandroid開発元のウェブサイトより確認してみるとよいでしょう。

androidのOSは世界で最も利用者の多い検索エンジンの開発元によってつくられました。そのため、現在最も世界でシェア率が高いOSはandroidになっています。そんなandroidで動くアプリを開発しようと思うとそれなりの費用が必要となります。アプリ開発は簡単なショッピング系のアプリ開発費は数十万円から100万円ほどで、ゲーム系のアプリになってくると約300万円から1000万の開発費が必要です。更にGPS機能を使うアプリであれば1000万円以上の開発費になることもあります。また、アプリ開発を制作会社に依頼する場合は多数の会社から選ぶこともできますが、それぞれの会社ごとに技術力や得意な分野に違いがあります。もちろん得意な分野でないアプリ開発はそれなりに時間がかかり、その分の期間の人件費や開発費が余分に発生することになります。そのため、アプリ開発の依頼をするのであれば、過去の実績やそれぞれの制作会社のウェブサイトから得意とするジャンルを確認して、依頼することで開発費として必要になる費用を安く抑えることが可能です。